映画『砂時計』公式ブログ

現場スタッフが、撮影現場の様子や 映画「砂時計」の裏話をレポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと風がおさまったら行きます!!


_DSC7156.jpg
(傘がさせないほどの強風!!それでも撮影隊は負けません!!)

11月21日
石見海浜公園に到着したころには空は厚い灰色の雲に覆われて いた。
設定としては杏が砂浜をさまようシーンなので、どんよりと曇 っていてよいのだが、非常に怪しい!!
強風の中1シーンなんとか撮影し、2シーン目のリハーサルに入ったとき雨が・・・
それでも雨脚はあまり強くなく、強行で撮影を続けて行く中本番体制に・・・
監督「ちょっと風がおさまったら本番行きます!!」の声に思わず「監督、かなりの強風でおさまりませんけど・・・」と突っ込まれて一旦本番体制が解除になるちょっとしたハプニング も・・・
その後その場に立っていられないほどの強風と雨により午前中で撮影中止となってしまいました。

サンドミュージアム!!

11月20日 この日の撮影は「仁摩サンドミュージアム」で行われました。
約100人近いエキストラさんに参加してもらい、1年計の巨大砂時計が回転する大晦日のシーン。
助監督のかけ声で 「はい、今砂時計が回転しました・・・拍手してくださ~い!!驚いてくださ~い!!」に合わせて拍手してもらったり「オ ォ~」など声を出してもらいました。
本編で使用されるかわかりませんが、人々に交じっていろんなスタッフがエキストラ出演しています。
佐藤監督もいるかも・・・
そして地元婦人会の方々による手作りの郷土料理が振る舞われ、キャスト&スタッフ一同感動しました。
あまりのおいしさに何回もおかわりするスタッフも・・・。_MG_7101.jpg

緊張の一日

11月7日
昨日までは過去パートの撮影ばかりでしたが、今日から現在パートの撮影がスタート。
大人の大悟役井坂俊哉さん、大人の椎香役伴杏理さんが二人揃って初日を迎えた。
地元でもデートスポットとして有名なレストランをお借りして撮影が行われた。
「あー緊張した!!」と撮影終了後もらすほど井坂さんは一日緊張状態だったようだ。
久しぶりに再会する大悟と椎香のぎこちなさは、お芝居だけじゃなかったようだ
20070003.jpg

「真冬のゆかた姿に震える」

地元エキストラさん約100人ダウンを着ても寒い真冬の夜にほぼ全員ゆかたか半袖姿で参加してもらっての夏祭り!
月島酒造のある商店街には赤提灯が飾られ、屋台ではやきそばが実際に作られる。
夏帆ちゃん杏理ちゃんのゆかた姿に顔が緩みっぱなしの大人たち(男性スタッフ)
一番緩んでいたのは撮影監督の河津さんだったらしい・・・
エキストラで参加してくださった皆さん寒い中本当にありがとうございました!!
_MG_9304.jpg

「眩しいジャージ姿」

「この形のジャージ着たことない!!はずかしい」と言う夏帆 ちゃん達。トールローズ
可愛い&カッコ良い子は赤ジャージをも着こなす!!

この日は地元の高校生エキストラさんも参加して林間学校の撮影が行われた。
暖かい日ではあったが、さすがに素足を川の中に入れ川遊びするのは厳しい!!汗;
キャーキャー大騒ぎする高校生達、これぞ青春!!
撮影の合間にはバレーボールをする女の子達にまざる壮亮くん。
気がつくと夏帆ちゃんに杏理ちゃんも参加してました。
あたしも混ざりたかった…。sunadokei-3.jpg
«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。